生活習慣病について

たばこ一般内科では生活習慣病にも対応することができます。生活習慣が悪化していると、さまざまな病気にかかりやすくなってしまうため注意しましょう。運動不足だったり、過度な飲酒や喫煙をしていたり、ストレスが溜まっている方は要注意です。そのような生活習慣の悪化によって引き起こされる病気はたくさんあるからです。脂質異常症や糖尿病、高血圧といった病気があります。これらの病気は自覚症状が出にくいものが多いため、知らないうちに悪化している可能性があるでしょう。たとえば動脈硬化が進んでしまい、その結果として心筋梗塞や脳卒中、狭心症になってしまうこともあるのです。死に至る病気が引き起こされることもあるため注意してください。

生活習慣病の疑いのある方は一般内科で相談をしたり、検査をしてもらうと良いでしょう。たとえば夜更かしをすることが多かったり、肉料理が好きだったり、血圧が高い方は注意してください。タバコやお酒を毎日のように楽しんでいたり、階段を利用することがあまりなかったり、食事時間が不規則な方も注意しましょう。

生活習慣病については、医師に相談をして、生活習慣をどんどん改めていきましょう。早めに対策を採ることによって予防ができます。

≪参照HP≫横濱関内クリニック-生活習慣病診療

対応する疾患について

一般内科では幅広い疾患に対応しています。たとえばインフルエンザです。毎年、インフルエンザの患者はたくさんいます。もし自分がインフルエンザになったという疑いがあるならば、一般内科を受診すればすぐに対応してくれるでしょう。検査をしてもらったり、あるいは予防接種を受けることもできるのです

花粉症他にもさまざまな病気に対応できます。たとえば最近患者の増えているアレルギーについては一般内科で対応してもらうことができます。花粉症や気管支喘息などです。自分がアレルギーになっているかどうかを検査してもらったり、薬を処方してもらうことができるのです。

その他には甲状腺疾患や通風、糖尿病などにも対応できます。便秘症や不眠症、貧血といったものにも対応できます。さらには自律神経失調症や更年期障害、骨粗鬆症にも対応してくれるでしょう。

一般的な病気のほとんどは一般内科が対応することができるのです。診断をしてもらうことができます。もし専門的な治療が必要となったときには、専門医の紹介も行ってくれるでしょう。そのため、まずは一般内科を受診して、自分の体の悩みについて相談をすることが大切です。そうすれば、きちんとした対応をしてもらえます。

一般内科で行われる診療について

薬の処方気軽に行けるクリニックには一般内科が設置されていることが多いです。これは内科とほとんど同じ意味であり、あまり専門的ではない疾患や症状を扱っているところです。とりあえず体の不調を感じたときには一般内科を受診しておけば問題ないでしょう。そうすれば、病気の診断をしてもらい、薬を処方してもらうことができるのです。

ただし、一般内科では扱えないような症状や疾患も存在しています。その場合は専門医を紹介してもらうことになるでしょう。しかし、自分の抱えている症状が専門医を頼るべきものかどうかを判断するのはなかなか難しいことでしょう。そのため、多くの方は一般内科を利用することになるのです。そうしておけば、医師に判断を委ねることができます。また、大部分の疾患や症状については一般内科で対処できることが多いため、いきなり大きな病院の専門科を受診するよりも一般内科を受診した方が良いでしょう。

それでは具体的に一般内科ではどのような診療を行っているのでしょうか。こちらではその診療内容について紹介しましょう。さまざまな診療に対応しているのが一般内科の特徴となっているのです。そのため、すべてを紹介することはできないのですが、さまざまな分野の中から代表的なものを紹介しましょう。具体的にどのような悩みを抱えているときに一般内科を利用すれば良いのかが分かるようになるでしょう。これから一般内科を利用したいときにぜひとも参考にしてください。